消化器病センターこのページを印刷する - 消化器病センター

診療の特徴

特に得意とする診療は以下の通りです。

1. 内視鏡による早期癌診断と治療

消化器内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)で胃癌や大腸癌の早期診断をおこなっています。早期診断ができて内視鏡治療が可能な場合には内視鏡による切除術を行います。

2. 膵腫瘍の早期診断(超音波内視鏡、超音波内視鏡下穿刺吸引術)

当センターでは超音波内視鏡を用いた膵腫瘍の早期診断を行っています。超音波内視鏡はCTやMRI検査に比較してより小さな病変の観察が可能です。また、超音波内視鏡を用いて胃や十二指腸の中から腫瘍を穿刺し、安全に組織を採取することで病理学的な確定診断を得ることができます。

3. 総胆管結石の内視鏡治療(ERCP)

総胆管結石は黄疸や胆管炎を引き起こし、ときに敗血症などの重篤な合併症をきたすため原則的に早急な治療が必要です。内視鏡を用いて胆管炎のドレナージや結石除去を行っています。

4. 食道・胃静脈瘤治療

内視鏡を用いた食道・胃静脈瘤の診断と治療を行っています。静脈瘤破裂予防のために静脈瘤へ硬化剤を内視鏡を用いて注入する治療や緊急の出血時に静脈瘤を結紮する治療を行います。

診療内容

上記の他、消化器疾患全般も診療しています。

1. 消化管疾患: 逆流性食道炎、慢性胃炎、ピロリ菌感染症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、クローン病など

2. 胆膵疾患: 胆嚢炎、胆嚢ポリープ、慢性膵炎、膵良性腫瘍、原発性硬化性胆管炎(PSC)、IgG4関連疾患、自己免疫性膵炎など

3. 肝臓疾患: 脂肪肝、C型慢性肝炎、B型慢性肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎(PBC)など

診療方針

消化器疾患には食道、胃、十二指腸、大腸に加えて、肝臓、膵臓、胆管・胆嚢といった多岐にわたる臓器の疾患があります。近年、内視鏡を用いた早期癌の診断と治療に代表されるように消化器疾患の診断と治療は日々変化しており、消化器を受診するときに、外科と内科どちらにかかっていいのか迷うこともあると思います。当センターでは全ての消化器疾患の窓口として適切な診断のもと、外科、消化器内科と密に連携をとり、病状に応じた最適な治療を提供できるよう診療を行っています。

スタッフ紹介

役職 氏名 資格
病棟診療部長
消化器病センター長
内視鏡センター長
医長
土田 幸平 獨協医科大学 内科学(消化器)講座 講師
医学博士
日本消化器病学会認定専門医
日本消化器内視鏡学会認定専門医、指導医
日本消化管学会認定専門医
日本肝臓学会認定専門医
日本内科学会認定総合内科専門医
医師 陣内 秀仁 獨協医科大学 内科学(消化器)講座
日本消化器病学会認定専門医
医師 岩崎 茉莉 獨協医科大学 内科学(消化器)講座
日本消化器病学会認定専門医
日本消化器内視鏡学会認定専門医

外来診療

当院の消化器病センターは、原則として予約制です。初診および予約外再診は、毎週月曜日から木曜日の午前8時30分より午前11時まで受け付けております。

  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前 土田 幸平 陣内 秀仁 岩崎 茉莉 土田 幸平
(胆膵専門外来)
--
午後 土田 幸平 陣内 秀仁 陣内 秀仁 岩崎 茉莉 --

内視鏡の検査・治療日程表

  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前 上部消化管内視鏡
ERCP
超音波内視鏡
上部消化管内視鏡
ERCP
超音波内視鏡
EIS/EVL
上部消化管内視鏡
ERCP
上部消化管内視鏡
ERCP
超音波内視鏡
上部消化管内視鏡
EMR/ESD
超音波内視鏡
午後 下部消化管内視鏡
EMR
下部消化管内視鏡
EMR
下部消化管内視鏡
EMR
下部消化管内視鏡
EMR
下部消化管内視鏡
ERCP