総合診療科このページを印刷する - 総合診療科

診療方針・内容

臓器別の内科系診療科と異なり、特定の内臓疾患によらない「原因がわからない」状況の患者さんが対象です。臓器・診療科の枠を超えて総合的に診療を行います。

診療の特徴

例えば、発熱や倦怠感(だるさ)など原因疾患の可能性が多岐にわたる場合、総合的に診療を行うことで早期に確定診断に導きます。診断がつき次第、該当の専門科での診療が継続されます。また、複数の診療科受診が負担になっている場合、総合診療科のみに一本化できる場合もあります。

施設紹介

当院は、内科学会認定教育関連施設、厚労省認定臨床研修指定病院(協力型)です。

スタッフ紹介

医師(非常勤):
志水 太郎
獨協医科大学総合診療科教授
公衆衛生学修士(米エモリー大学)、経営学修士(豪ボンド大学)
医師(非常勤):
南 建輔
自治医科大学臨床感染センター
日本内科学会認定総合内科専門医
熱帯医学修士(長崎大学)
日本プライマリケア連合学会指導医
感染制御医(ICD)

外来診療

  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前 -- -- 志水 太郎(第3金曜日の週) 南 建輔 志水 太郎(第2・4週)

関連リンク