放射線科このページを印刷する - 放射線科

診療方針

放射線科は画像診断部門と放射線治療部門に大きく分かれていますが、当院の放射線科は画像診断のみを行っています。

診療内容

画像診断とは、主にCT検査やMRI検査で撮像された医療画像から病気を見つける仕事です。直接患者さんと接することはなく、主治医の先生が診察などから得た臨床情報を参照しながら、主に医療画像の情報をもとに病気の診断を行います。1枚1枚の画像を丁寧に観察し、その中から異常と思われる部分を探し出し、診断結果を報告書に記載して主治医の先生にお伝えしています。

診療の特徴

獨協医大より2名の放射線診断専門医が、読影業務を行っています。

スタッフ紹介

副院長:
杉山 公美弥

放射線科医長(併)
臨床研究部長(併)
がん診療部長(併)
獨協医科大学医学部特任教授
医学博士
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本アレルギー学会専門医・指導医
日本リウマチ学会専門医・指導医
日本感染症学会推薦感染制御医(ICD)
日本がん治療認定医機構認定医・指導責任者
肺がんCT検診認定機構認定医・指導責任者
医師(非常勤):
荒川 浩明
獨協医科大学放射線科准教授
日本医学放射線学会認定放射線診断専門医、指導医
医師(非常勤):
稲村 健介
獨協医科大学放射線科講師
日本医学放射線学会認定放射線診断専門医

関連リンク